講 評

天下統一を成し遂げた家康公の遺訓は経営者の座右の銘であり社運隆盛になる。

遺訓には「いかりは敵と思え」とあるが、
行間に「縁(ゆかり)は味方と思え」との思いがありそうである。