講 評

宿題が終わると「ゆかりせんべい」が食べられるので宿題を早くやってしまおう。

「ゆかり」を擬人化することで、「ゆかり」が主語になり
「ゆかりがぼくを待つ」という楽しい表現になった。